fc2ブログ

行き当たりばったり阿蘇の旅③ 押戸石の丘篇

一旦街に降りて、今度は反対側のカルデラの山道を登って

いきますよ
aso37.jpg
次の目的地は南小国町の押戸石の丘。

縄文の聖地と唄っていますが、もっと古いのではないかな。

ゼロ磁場のパワースポットです。

この看板を目印に細いガタガタ道を進みますが、高千穂の

秋元神社へ行く道より広くて走りやすいですが、あくまでも

個人的感想デス。
aso38.jpg
駐車場にはコスモスが咲き乱れ、秋ですね
aso39.jpg
木くずをフカフカに敷き詰めたなだらかな山道を登って行きます。

丘を登り切ると巨石がごろごろ。
aso40.jpg
石の狭間から夏至に太陽が昇り、冬至に沈むはさみ石。

古代の日時計と言われています。
aso41.jpg
シュメール文字が刻まれた鏡石。
aso43.jpg
シュメール文字、わかるかな
aso44.jpg
夏至と冬至の太陽が昇る線上にある祭壇石。
aso45.jpg
不思議な磁氣を発する押戸石。
aso47.jpg
方位磁石を持ちながら押戸石の周りを歩くと、アラ不思議、

針がくるくる回るのです
aso48.jpg
aso49.jpg
朝早く、もしくは夜、人のいない時にここで瞑想やチャネリング

してみたいですね
aso50.jpg
押戸石の丘から見た牧歌的な風景。

火砕流台地というそうな。

巨石に登って上からパチリ
aso51.jpg
押戸石の丘も空が近く、宇宙とスコーンと繋がれそうな場所。

熊本は幣立神宮然り、人類発祥の地なのかもしれませんね。

人の少ない時間にまた是非訪れたいと思った場所でした。
aso52.jpg
雄大な阿蘇の風景を午前中とは反対側から眺めながら次の

目的地に向かいます。
aso53.jpg
阿蘇の山々は山頂が真っ平なのも見慣れた山の景色と違う

不思議。
aso57.jpg
『君の名は。』のような風景ですね。
aso54.jpg
午前中はあちら側を散策してたのね…と阿蘇山を眺める。

街がミニチュア、田畑がパッチワーク、ミクロの世界。
aso55.jpg
美しい秋の阿蘇を目に焼き付けながら、旅の最終目的地へ。
aso56.jpg
④につづく。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッシャムス

Author:アッシャムス
2011年4月、東京・高円寺→照葉樹林と有機農業の町・宮崎県綾町に移住した家族が、イベント限定で肉・魚・乳製品・卵・白砂糖を使わず、ヴィーガンのエジプト料理店をしております。
2017年4月~都城市に移転。
宮崎をはじめ九州のあちこちで出店致します!本場仕込の美味しいヘルシーなエジプト料理をめしあがれ♪
2020年2月よりエジプト料理以外のVeganメニューもスタート!!
どうぞお楽しみに♫

2016年8月26日までのBlogは
http://happy-egypt-rainbow.blog.jp/
を見てね♡

Twitter→@alshams_habibi
Instagram→@alshams358
フォローお願いします💕

出店・ケータリングのご依頼は
alshams7716@gmail.com
もしくはTwitterかInstagramのDMまで🌈✨

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR